腎臓病食は宅配業者に注文しよう【安心して食事が提供できる】

カロリーと塩分に配慮

シニア男性

宅配糖尿病食は、カロリー・塩分等をしっかり計算しながら作られているので、栄養知識が無くても安心して利用出来ます。まずは、各社が行っているお試し利用から始め、毎食食べられる本格利用に移していきましょう。

詳しく見る

活用時のポイント

和食

腎臓病食は低タンパク、低塩、適正エネルギーがポイントとなります。しかしこれらのポイントをすべて満たす腎臓病食を毎日作るのはかなり負担が大きいので、宅配の腎臓病食を活用するのがおすすめです。手作りのものと組み合わせるようにすると飽きずに食事が楽しめるのでおすすめです。

詳しく見る

専門業者にお願いしよう

弁当

糖尿病食は毎日作るとなると大変です。また、どんなメニューにすればいいのか、味付けにすればいいのか分からない人も居ます。そんな時には専門業者に作ってもらい、自宅まで宅配してもらいましょう。これが一番手っ取り早い方法です。

詳しく見る

豊富な献立が揃っています

お弁当

腎臓病食の宅配弁当は、カリウムや塩分、タンパク質を抑えた栄養バランスの良い献立が揃っています。冷凍した状態で届きますが、電子レンジで簡単に調理ができます。旬の食材を使用した豊富な献立が揃っているので、飽きずに食事を楽しめます。

詳しく見る

高齢者も食べやすいです

食べる男性

糖尿病は予備軍も含めると、200万人が罹っていると言われています。糖尿病食の宅配は、低カロリーで低糖質なお弁当を届けてもらえます。味もおいしく、豊富な献立が揃っているので、飽きずに食事療法を続けられます。

詳しく見る

家族が楽をできる

お弁当

当人も病状が楽になる

腎臓病の人はしょっぱいものを食べてはいけないので、味付けが大変です。もちろん、食事の量も暴飲暴食を禁止されます。そのため、どんな献立にすればいいのか、腎臓病患者の居る家庭では食事作りに頭を悩ませてしまうことも少なくありません。そこでお勧めなのが、腎臓病食を宅配してくれる業者を利用することです。腎臓病食を作り、それを指定の場所まで宅配してくれるため、とても楽ができます。もちろん、医師監修、栄養士監修のもとで作られているため、安心して食べることができます。また、腎臓病食の宅配を利用することで患者自身の病状も良い方向へと向かってくるはずです。多くの患者は自宅だと気が緩んで、ついしょっぱいものを食べてしまったり、暴飲暴食してしまったりすることがあります。しかし、腎臓病食の宅配を利用すればそれを食べることになるので、必然的に規則正しい食生活ができるようになるというわけです。特に一人暮らしの高齢者に適している方法と言えるでしょう。毎日の献立に悩むこともなくなり、味付けの加減も自身で行わずに済むようになります。食事作りに自信がないというご家族も、取り入れてみることをお勧めします。また、腎臓病食の宅配をしている業者はいろいろあるので、よく比較してから決めましょう。安心なのは、通院している主治医に相談することです。場合によってはその病院が提携している業者を紹介してくれるkともあるからです。これなら安心して食事を任せることができます。